本文へスキップ
アクセスカウンター



ご挨拶

本研究室は、放電プラズマの発生メカニズムを解明する研究を行っています。 現在、多くの電力設備が全国のあらゆる場所で使われています。そして、それらは私たちの生活を陰で支えています。 しかし、電力設備では多くの電気的事故が発生しています。 そこで、本研究室は電気的事故の原因でもある電気破壊のメカニズムを解明することで社会貢献を目指しています。

重要なお知らせ

2019年度より、大学院生を採用しません。そのため、2018年度、大学院を進学予定の学生は、卒論生として採用致しません。なお、卒論生に関しては例年通り採用する予定です。研究室について、見学の希望や質問があれば(高電圧棟4F:佐々本)にご連絡をお願いします。「メンバー」のページの連絡先もしくはTE就職からご連絡ください。

所在地

〒814-0180 
福岡県福岡市城南区七隈8-19-1
福岡大学工学部電気工学科 
高電圧実験室
電話:092-871-6631(大代表)
     内線:6347
メール: knishi[at]fukuoka-u.ac.jp (研究室代表:西嶋)


map







news新着情報

  • 2018年2月9日
    HPレイアウト更新しました。
  • 2018年1月6日
    電気学会九州支部連合大会「平成29年度論文発表賞B賞」を大学院生(M1)の青柳が受賞しました。