福岡大学工学部 電気工学科

研究室

応用電気研究室研究室 HP

住吉谷 覚 教授

3次元のベクトル量である電界や磁界は、電圧や電流と共に、電気製品、電線、雷などに関連して、身近な生活の中にあるものです。”電界磁界”と”空間を構成する物質”と”光”の相互関係を電気磁気光学効果として理解し、利用することにより、離れた場所の電界磁界を、正確に測る方法を研究しています。 

自動制御研究室研究室 HP

松岡 毅 准教授

畑田 和良 助教

制御工学を応用した技術開発を行なっています.

  • 人間の生活環境で自由に行動できるロボット
    ロボットにはどのような感覚情報が必要で, それはどのように処理されるべきなのか?
  • 周期運動に対する効率のよいパワーアシスト
    パワーアシスト自転車において,バッテリを長持ちさせ,かつ運転者が疲れないモータ出力法は?

電気回路研究室研究室 HP

小浜 輝彦 准教授

辻 聡史 助教

パソコン、テレビ、スマートフォンなど一般家電製品に不可欠な電力変換装置(DC-DCコンバータとその応用装置)と新型センサ(3Dタッチパネル、ロボットの近接覚・触覚センサ)の研究・開発を中心に行っています。これにより身近な製品がさらに小型・軽量となり、便利で使いやすいモノへと進化します。

画像処理研究室研究室 HP

江田 孝治 准教授

折居 英章 助教

画像処理は、スマートフォンやデジタルカメラ、自動運転車など産業の様々な分野で利用されている重要な技術の一つです。特に人間の視覚をコンピュータで実現することをコンピュータビジョンと言います。本研究室では、画像の周波数解析技術を利用して、コンピュータで人と同じように画像の照合や認識を行う研究をしています。

電気情報研究室研究室 HP

孟 志奇 教授

圓谷 友紀 助教

コンピューターを用いた電磁界数値解析のテクニックを研究しています。その研究成果はモーターの性能向上や、隠れて目に見えない物体(埋設物体や生体内の異変、コンクリートの内部劣化など)を可視化するなどの応用技術の開発に繋がります。また、マインドストームなどを利用してプログラミング技術者の育成にも力を注いでいます。

電子工学研究室研究室 HP

西田 貴司 教授

電子工学研究室では次世代の発電(創エネ)、蓄電(蓄エネ)、エネルギー節約(省エネ)に必要な電子デバイス(電子部品)とその材料の研究をしています。そのためにナノテクノロジーなど原子レベルのコントロールで新しい超高品質材料を創る、分析する研究に取り組んでいます。右の図は単結晶(サファイア)の表面を原子レベルで整列させ、観察した例です。

電力研究室研究室 HP

西嶋 喜代人 教授

生澤 泰二 助手

本研究室は、放電プラズマの発生メカニズムを解明する研究を行っています。 現在、多くの電力設備が全国のあらゆる場所で使われています。そして、それらは私たちの生活を陰で支えています。 しかし、電力設備では多くの電気的事故が発生しています。 そこで、本研究室は電気的事故の原因でもある電気破壊のメカニズムを解明し世の中により最適な絶縁設計を提案することで社会貢献を目指しています。

電気材料実験室研究室 HP

花井 正広 教授

高村 紀充 助教

固体(プラスチックや樹脂)、液体(油・超純水)、気体(空気・窒素)の物質に関して、ナノ領域まで踏み込んだ新しい機能を持つ電気材料の研究をしています。また、1000kVを超える高電圧を用いて雷(プラズマ)に影響されない電気絶縁の基礎研究もしています。さらに、ICタグを適用した電力用機器の診断技術の研究もしています。

パワーエレクトロニクス研究室研究室 HP

根葉 保彦 教授

藤 清高 助手

交通、産業、一般家庭で用いられる機器は、ほとんどが電気で動いています。これらを人間、環境に優しい機器として効率よく動作できるようにするための技術がパワーエレクトロニクスです。そのためには、交流の周波数や電圧の制御、直流電圧の調整、あるいは交流電力と直流電力との変換を行う必要があります。本研究室では、新しい電力変換回路の開発と制御法の研究を行い、モータ駆動や太陽光発電など、より高性能な電力変換システムの実現を目指しています。

電気機器応用研究室研究室 HP

松本 洋和 准教授

柴戸 洋次郎 助手

電気機器とは、変圧器やモータの総称であり、電気エネルギーの質(電圧や電流の大きさ)を変換したり電気エネルギーを機械エネルギーに変換する装置のことです。本研究室では、ワイヤレス電力送電装置や電気自動車のためのモータ駆動装置の開発を行っています。

PAGE TOP